スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


フォトショップを使った仕事

JUGEMテーマ:ビジネス
 
パソコンを少しやったことのある人ならたいてい知っているフォトショップ。
このソフトは写真をいじったり、ロゴやポスターみたいなものを作るのに使います。

結構高価なソフトです。

主にウェブデザイン関係の仕事で使いますが、最近では楽天ショップの運営者なども
自店舗サイトのロゴや商品紹介をするのにフォトショップを使ったりします。

下の動画のように女性を変身させたりも出来ます。


フォトショップを下の動画なみに使いこなせれば、それなりに仕事はありそう。


あと一ヶ月ではじまるか? クリスマスイベントの注文

ある食品会社に勤めていた頃の話。


クリスマスのときは忙しくなり、しかも当時雪国の勤務だったから、本当にしんどかったことを覚えている。
なぜかこの時期にあわせて大雪が降るんだよなぁ撃沈撃沈撃沈撃沈


まだ少し早いが、そろそろ会社はクリスマスのイベントに向けて動き出す。

オイラのいた会社では、クリスマスケーキの注文用紙を11月頃には各店舗に配っていた。


最終的に12月の中旬頃に集計して、発注をするんだけどそこそこの数だけに結構この作業は時間がかかる。
会社に言わせるとこの時期のために雇っているなんてことを言われたけど、朝3時ごろに出勤して終るのがだいたい夜6時ごろ・・・・。

クリスマスの24日の前日である23日はその商品の仕分けなどで、夜10時ごろから出勤して終るのが夜6時か7時ごろ・・困惑困惑冷や汗

この会社に勤めていた頃はクリスマスなんてなくなればいいのにと毎年思っていた。


この時期はまさしく戦場だった・・。



なんだかんだいっても学歴

一流企業へ就職する場合、やはり学歴は威力を発揮する。
特に昭和から優良企業という古い体質が残りまくっている会社ではほぼ学歴で採用といっていい。例えばマスコミ関係(新聞社やテレビ)は90パーセント学歴で採用・・・、そこまでいうと語弊があるかもしれないけど、圧倒的に有利で、その他大手鉄鋼、電気など、出世コースをいくのはほとんど学歴のある連中といっていい。

もう10年近く前になるが、ある大手鉄鋼(世界でも知られている)の面接のとき、京○大学(といっても留年したが・・)という肩書きが威力を発揮した。

面接の際に、面接の担当者より

『○○の理論ってなんですか??』

等と難しいことをいくつか尋ねられたが、


『いやぁ〜すいません。度忘れしました!!』たらーっ

と答えたにもかかわらず、見事入社できてしまった。


大学の名前って偉大だなぁ。


一流企業で働きたいと思っている人がいるなら、勉強して偏差値の高い大学へ行こう!




といってもその肩書きが通用しなかった一流企業もあった。
それはまた後日のエントリで。





とはいっても、会社も女も学歴に弱いんだよね。
筆者はソニーの盛田昭夫??



長続きしなかった仕事 (英会話教材の勧誘)

大学時代、ある求人雑誌に英会話の教材を売るバイトを見つけて行ったことがある。
このバイトは時給というものが存在せず、教材が売れてはじめて給料が発生するものだった。
完全歩合制である。
面接にあたって、
『○○ちゃんは、月に数百万稼いだんだよ』
みたいな話を聞かされた。


とりあえず、面接で落ちることはなく、次の日からその職場へ。

この仕事、まず自分で売ったことが分かるように、チラシに自身とわかる判子をすたすら打ちまくる。
ある程度打ち終わったところで、当時担当だった女性二人で○○書店の前を借りて、通行人に配りまくる。
女性社員に
そんなんじゃ誰もチラシ受け取ってもらえなわよ
と言われながら、100枚程度は配っただろうか。。

このチラシ、ある程度好きなように配ってもよく、オイラはその職場の事務所がしまってから、マンションなどへも配って回った。


経験のある方なら分かると思うけど、配ったチラシを見て電話をする人はほとんどいない。数日たっても音沙汰なし。

つまりバイト料もゼロ。


生活があるから、すぐに他のバイトに切り替えてしまった。。。




英語でも他の勉強でもやる気が肝心


オイラの場合は映画で結構英語覚えました。
それと併用して英会話スクールで使ってた。


バスの乗客数調査

派遣登録していた、クリスタルからは携帯電話に今でも仕事の案内のメールが届くのだが(もうここ2,3年は全然行っていないけど)、もう4年近く前のこと、そのメールの中に、バスの乗客調査みたいな仕事があって、時給が確か900円ぐらいだったように思う。

この仕事の内容はバスの始発から終発まで(5時ぐらいまでだったかも)の乗客数の調査で、バスのお客が乗り込んでくる際と下りる際にお客さんにサインかチェックしてもらうという単純な仕事。

このときに参加した人数は40人近くはいたと思う。
時給が発生するのは、オイラの場合、バスの始発からお昼の2時ごろまでだったように思う。

でも集合は前日の夜11時ごろで、途中高速のサービスエリアで1時間ぐらい休憩し、そして現場へ向かったから、拘束時間は12時間を越えるものだった・・。
でも給料はバスに乗ってからだったので、よくよく考えると非常に効率の悪い仕事であった。ムニョムニョ

また現地に向かうまでのバスが満員で、となりの”オッサン”が眠ってオイラにずっと寄りかかっていたから、仕事よりも移動していたときの方が苦痛だった・・・。ぶー






レンタルビデオ店のバイト2

当時、バイトしていたレンタルビデオ店では妙なお客がいた。

20代半ばぐらいの男性で、いつも大人向けビデオコーナーに直行する。
ココまではまだありがちな話だけど、必ずといっていいほどスカシっペをする。
そして、そのコーナーからレジの方をジッと見る・・。ムニョムニョ

かなり気味が悪かった。。

またレンタルビデオ店ではたいてい会員カードというのがあり、そこには名前が書いてあるのだが、こんな名前あるんだなぁと関心したことがある。

例えば、外見はヒョロっとした普通のお兄ちゃんが『小早川秀吉』という戦国大名もビックリするような名前だったり、大人向けビデオばかり借りる男性の名前が『○○好男(よしお)』という名前であったり・・。

そういえば当時人気があったのは飯島愛
もう一人が浅倉舞
バリバリの現役でビデオに出まくっていたっけ。

ちなみに一般向けのビデオではラ・バンバが大流行。
ルー・ダイアモンド・フィリップスの顔は主役向きではないと思ってパッケージを眺めていたんだけど、分からないもんです。

レンタルビデオ店のバイト

学生時代、レンタルビデオ店でバイトしたことがある。

時給は800円程度で交通費は全額支給だった。

仕事の内容はある程度の想像がつくと思うが、レジにてビデオの貸し出しをしたり、ビデオのパッケージをラミネートしたりするのが主な仕事だった。
特にしんどいこともなく、敢えてしんどかったことを言えば、立ち仕事だから足が少々しどかったことぐらいだった。

このレンタルビデオ店はツタヤのようなフランチャイズではなく、家族経営だった。
しかしながら品揃えはよかったのか、近所のテレビ局の人間が放送に流すために、レンタルしに来ていた。

ココでの仕事はしんどくなかっただけでなく、娘さんがみんな綺麗だったのも嬉しかった。3姉妹でまるでキャッツアイを思わせる美貌だった。


ある京大生が塾講師をした話

塾講師といえばなんか脂ぎった感じの熱血漢な講師、そして目をギラギラさせて黒板を見つめる生徒を連想するけど、それはごく一部のTVの話。


オイラが塾講師のバイトをしたのは3回生のとき、とある先輩から紹介されていくことになった。
京大生なら塾講師や家庭教師のクチはいくらでもありそうに見えるかも知れないけど、現実はなかなか探すのはたいへんです。

当時、実家から離れて出町柳周辺に住んでいました。当然ながらその周辺には京大生のみならず、立命館大学などの一応一流と言われる大学も結構あるわけで、その周辺には京大生も含めゴロゴロいるから、その手のバイトのクチは満杯状態。
少なくと京大近辺で家庭教師塾講師のバイトにありつくためには、先輩から譲り受ける場合がほとんどだった。

もしオイラが大阪や神戸辺りに住んでいれば、よかったかも知れない。


塾講師の仕事は特に説明するまでもないと思う。
まぁ生徒に勉強を教えるわけだけど、意外な部分でたいへんだった。オイラが主に教えていたのは中学生だったんだけど、ほとんどの生徒が一流校に進学させるため来ているのではなく、普通のレベルになるために来ていた。

もし、進学するために生徒が来ていたならもっと楽で、その場合は生徒にもやる気がある程度あるし、こちらが普通に教えれば理解もしてくれてただろう。

しかし本人が全く勉強をする気がなく、また小学生低学年レベルの算数も出来ない生徒が多かったから、教えるがたいへんだった・・困惑
時には指をおって数を足したり、引き算したり・・。でも数分後にはやり方を忘れている・・。

『お前、馬○か!』と言いたかったけど、塾の経営者に
『それだけは言わないでくれ』と言われていたから、我慢していた。。


まぁオイラは向いていなかったかもしれない。
でも政府のゆとり教育は間違っていると思う。






繊維工場でのバイト

高校時代に夏休みを利用して、とある繊維工場でバイトして、予期せぬいい経験もできたということで、大学に入ってからも繊維工場でバイトをした。

本当は以前行っていた工場に行きたかったんだけど、もうバイトは募集していなかった。。[:がく〜:]


ココでの仕事は親父の知り合いから紹介されたものだ。

日当は7000円で5時を超えると残業代もついた。
確か出勤時間は朝8時から午後5時だった。

仕事の内容はというと、結構簡単なもので工場内にある”検査係り”というところで、女性社員が繊維のチェックをするのをお手伝いするというもの。
あえてしどかったと言えば、夏だったからかなり暑かったということ。
工場にもよるかも知れないけど、繊維の工場は蒸し暑い

それでも仕事内容はいたって楽で、職場の人達も結構いい人が多かったから苦にならなかった。オバちゃんが多かったけど、7,8人の女性のうち3,4人は新入社員の若い女の子だったから、それも嬉しかった。楽しい


工場といっても色々あるんだろうけど、1部に上場している会社の大きな工場だと意外と女性も多いように思う。

当時オイラには車はなかったから、いつも出社と帰社のときは庶務の係長さんか、検査係りの女性が送ってくれた。


高校のときにいっていた繊維工場よりも規模が大きく、知名度もあるせいか、あのときのような”お触り”を目にすることはなかったけど、とても働きやすい工場だった。


ちなみに現在、その工場は不景気の煽りをうけてか、閉鎖されたようです・・・。





流れ作業の仕事

1日だけだが、派遣会社からの久しぶりの紹介で、とある運送会社の仕分けの仕事にいったことがある。

時給は確か900円程度。
運送会社の出荷場にて、荷物を各ブロックごとに仕分けしていく単調な作業だ。

こういう仕事は時間のたち方が以上に遅い。

1時間ぐらいたったかと思っても、15分程度しかたっていない。


昔パン工場で、ベルトコンベアで流れてくる1本1本のパンを、その流れに応じて仕分けする作業もしたが、苦痛だった。撃沈

こういう仕事って地味でしんどいわりには、あまり給料はよくない。




categories
links
archives
selected entries
profile
recent trackback
recent comment
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
recommend
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM